〒022-0002 岩手県大船渡市大船渡町字山馬越188

法人事務局 代表電話 : 0192-27-0632

次世代育成支援対策推進法に基づく医療法人勝久会 行動計画

職員一人ひとりが職業生活における目標を持ち続けながら、個々の能力を最大限に発揮できるよう、職員のワーク・ライフバランスを推進し、働きやすい雇用環境を整備すると共に、次世代を担う子供たちの勤労観・職業観を育むことを目的に、次のように行動計画を制定する。

1.計画期間

2019年4月1日から2022年3月31日までの3年間

2.内  容

目標1

安心して産前産後休暇や育児休業が取得できるよう、対象職員に対し、休業にかかる制度・申請方法の説明や情報提供を行う。

対 策

2019年6月~制度に関するパンフレットを作成
2019年9月~法人のイントラネット内に掲示し、職員に周知徹底を図る
2019年9月~産休・育児休業取得予定職員に対し、パンフレットを活用しながら、個々に制度説明を実施

目標2

法人内にセルフ・キャリアドック制度を導入し、キャリア研修やキャリアコンサルティングを受ける機会を設ける。

対 策

2019年10月~セルフ・キャリアドック制度導入に向けての検討会
2020年3月~セルフ・キャリアドック制度職員向け説明会の実施
2020年6月~管理者や職務ごとにキャリア研修を実施
2020年9月~勤続年数が3・5・10年等の節目にあたる職員に対するキャリアコンサルティングの実施
2021年4月~キャリア研修とキャリアコンサルティングの継続

目標3

職員の子供達が、親の働く姿や職場を見学したり、仕事体験を通じて、親子の絆を深め、子供たちの職業観を育むことを目的に「子ども参観日」を年に1回実施し、毎年継続する。

対 策

2019年6月~企画・実施方法を検討
2019年7月~職員に参加募集を募る
2019年8月上旬「子ども参加日」を実施
2020年以降も、毎年同時期に実施

女性活躍推進法に基づく行動計画

女性職員の割合が約6割を占める当法人の現状から、女性職員が働きやすい職場環境づくりに配慮しながらも、すべての職員にワーク・ライフバランスの充実を推し進め、法人全体のサービスの質向上、業績向上に繋がるよう、下記のように行動計画を策定します。

1.計画期間

2018年4月1日から2020年3月31日までの2年間

2.内  容

目標1

育児休業取得者が復職後に、仕事と家庭の両立を保ちながら、働き続けられるよう支援するために、フォローアップ面接を実施する。

対 策

2018年4月1日~復職後3ヶ月以内に個別での面接を実施し、勤務及び家庭環境のヒアリングを行い、相談、助言等を行う。

目標2

公平かつ計画的な有給休暇の取得を促すために、年間取得日数の目標を10日と定め、全体の平均取得率10%アップを目指す。

対 策

2018年4月1日~総務部で各部署の業務・人員状況の把握。
2018年6月1日~有給休暇を取得しやすい職場環境づくりを整備するために、年間目標取得日数を記載した啓発ポスターを掲示し、取得の促進に努める。

2016年度平均取得率 28% ⇒ 2020年度 38%

目標3

男性の育児休業の取得を推進し、法人で初となる男性の育児休業取得者を誕生させる。

対 策

2018年4月1日~法人内掲示板を活用して、育児休業制度を改めて周知するとともに、新人研修等で就業規則を説明する際に、男性でも育児休業を取得できることを明確に、強調して説明する。

目標4

ノー残業デーを現行の週1回から週2回へと更なる曜日設定をし、職員の働き方に対する意識改革と、ワーク・ライフバランスの充実を図る。

対 策

2018年5月1日~所定外労働時間の現状把握と分析。
2018年8月1日~職員の意識改革を図るために、ワーク・ライフ バランスセミナーを実施。
2018年9月1日~総務部と各部署長で働き方改革に向け検討会実施。
2018年10月1日~週2回のノー残業デーを実施。法人内掲示板で周知するとともに、各部署に啓発ポスターを掲示する。